水の安全性

乳幼児に与える影響は?

放射線の影響は、小さければ小さい子ほど
大人が受ける影響よりも大きいので、
同じ放射線の量でも、人体への影響は
大人の数倍になる可能性があります。

そして、赤ちゃんや子供は日々成長していく過程で
細胞分裂を繰り返し、代謝の速度も大人に比べて
早いので、放射線を浴びてしまった場合、
人体への影響も早くて大きくなります。

例えば、放射能汚染の地域のニワトリが、
平地で放し飼いをしていると、その辺りの草を食べて
育ちますよね。そして一番先に影響を受けるのが
ニワトリではなく卵なんだそうです。
放射能物質を食べたニワトリは、ニワトリ自身には
すぐに影響はなくても、卵は奇形になり、何かしらの
影響をすぐに受けてしまうのです。

小さい物ほど放射能物質からの
影響が大きくなるそうですから、
余計に妊婦さんや、赤ちゃん、
小さなお子さんのいらっしゃるかたは
お水のこともしっかりと考えなければなりません。

特に妊婦さんや小さい赤ちゃんの場合、
お母さんが子供を守ってあげるしかないですものね。

ウォーターサーバーなら、
そういった不安は無く、
安全で、安心で美味しいお水を
いつでも飲むことが出来ます。

市販のミネラルウォーターとも違い、
成分も安心ですし、赤ちゃんの体にも良い成分の
ウォーターもありますので、健康にもとってもいいんですよ。

健康に良く、安心して美味しいお水が飲める
ウォータサーバーはとってもお勧めです。




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴