ウォーターサーバーの豆知識

水を重い軽いで区別する

重水と軽水があります。

水に、「重水」と「軟水」というのがあるのをご存知でしょうか。

重水と軟水の違いを端的に示すとするならば、軽水が普通の水であるのに対し、その2倍の質量を持っているのが重水という事になります。

この区別がなされるようになったきっかけというのは、1943年にアメリカの学者が純水の中に普通の
水素のほかに2倍の質量をもつ水素原子がある事を発見した事がきっかけのようです。



重水について
重水は、ほとんど自然界に存在しません。

それでも、全ての水に微量ながら含まれているのです。

実は、この重水はあまり大量に摂取すると命に関わるという水なのだそうです。

ちなみに、重水の中では、魚類は生命を維持する事が出来ないのだそうです。

植物も発芽できないのだそうです。

現在の重水の主な用途は、原子炉および放射線治療の減速材であり、重水を利用する原子炉は主に重水炉と呼ばれています。

そうはいっても、重水元素を減少させた「長軟水」という商品も存在するようで、

健康法として摂取する人もいるようです。

私達が、日頃ウォータサーバの水として口にしているのは、ほぼ100%軽水なのですが、

ほんの0.0%は重水が含まれているのも事実です。

人体に悪影響を及ぼすような値ではないようなので、安心して下さい。

普段、このような知識を得ることがないですよね。なにげなく口にしているウォーターサーバの水にもいろいろと秘密があるわけですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴