ウォーターサーバーの豆知識

ウォーターサーバーで便秘生活を卒業しよう!

便秘に悩まされている方は、ウォーターサーバーを利用するのも1つの方法です。
ウォーターサーバーは便秘解消に効果があるといわれており、
実際に利用してからお通じが良くなったという方もたくさんいます。
では、なぜウォーターサーバーで便秘が治るのか?その理由について探っていきましょう。




ウォーターサーバーの水はミネラルが豊富

ウォーターサーバーが便秘に効果的だといわれている一番の理由は、
マグネシウムやカルシウムといったミネラル分が含まれているからです。
この中のマグネシウムが便秘解消に効果を発揮します。
マグネシウムには、便に水分を与え、便を柔らかくする働きがあります。
便が柔らかくなれば必然的にお通じも良くなるので、便秘を解消できるというわけです。
ちなみにマグネシウムは、便秘薬にも使用されている成分なので、高い効果が期待できます。


水分不足を解消できる

便秘の原因として水分不足も挙げられます。
水分をこまめに摂取しないと便がカチカチに硬くなり、お通じが悪くなります。
ウォーターサーバーを設置すると水を飲む習慣がつくので、無意識のうちに水分不足を解消できます。
しっかりと栄養バランスのいい食事を心がけていたり、運動をしているのにも関わらず、
便秘に悩まされている方は、水分不足が原因かもしれません。


蠕動運動を促す

腸内環境が悪くなると蠕動運動が鈍くなり、便秘を引き起こします。
蠕動運動を促すためには腸に適度な刺激を与える必要があり、その際に有効なのが水です。
水を飲むと腸に適度な刺激を与え、蠕動運動を促すことができます。


ウォーターサーバーで便秘を治したい場合は?

ただ、ウォーターサーバーの水を飲んでいれば便秘が解消できるわけではありません。
飲み方にはちょっとしたコツがあるので、覚えておきましょう。

・1日2リットルが目安
便秘を防ぐには1日2リットルを目安に水を飲むようにしてください。
すると便に十分な水分を与えることができ、お通じが改善されていくはずです。
ただし、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。
過剰に水分を摂取すると体調を崩す危険があるので、目安量を大幅に超える量は避けてください。

・朝起きてすぐに飲む
起床後というのは、体が完全に目覚めておらず、腸の働きも鈍いです。
このままでは朝トイレに行けないので、起きてすぐにコップ1杯の水を飲んでください。
水を飲むと腸が刺激され、蠕動運動が活発になり、便意を感じるようになります。

・こまめに水分を摂取する
先ほど1日2リットルを目安に飲んだ方がいいとお話しましたが、なにも一度に飲む必要はありません。
むしろ、1日数回に分けて飲んだ方が体にも便秘にもいいです。
トータルで2リットル摂取できればいいので、1日5回に分けてもいいですし、10回に分けてもかまいません。
運動後や入浴後、起床後は水分不足に陥りやすいため、欠かさずに摂取しましょう。


ウォーターサーバーが原因で下痢になることも・・・

便秘解消にはウォーターサーバーが有効だと説明しましたが、場合によってはお腹が緩くなり、
下痢を引き起すこともあります。
冷たい水を大量に飲んだり、マグネシウムが豊富な硬水を飲んでしまうと
その可能性が高くなるので注意してください。
おすすめは、私たち日本人が慣れ親しんでいる軟水のウォーターサーバーです。
硬水は日本人には合わない場合が多いので、適度なミネラルを含む軟水の方が向いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴