ウォーターサーバーの豆知識

ミルク・離乳食作りにウォーターサーバーが選ばれる理由

最近、水道水の水は心配だからウォーターサーバーでミルクや離乳食を作っているという
ママさんも増えてきました。
少しでも安全な水を使いたいというのは、子供を持つ親としては当然ですよね。
ただ、その他にもウォーターサーバーを利用するメリットがあります。
これからミルク・離乳食作りにウォーターサーバーが選ばれる理由について説明したいと思います。




水道水でもミルクは作れるが・・・

水道水をミルク作りに使ってもいいの?と不安に感じている方も多いかもしれませんが、特に問題ありません。
日本の水道水は安全性が高いので赤ちゃんから大人まで安心して飲むことができます。
そもそも粉ミルクは水道水で作ることを前提に作られているので、安心してください。
そのため、水道水だからといって危険というわけではないのです。
しかし、美味しさを重視をするならやはりウォーターサーバーがいいでしょう。
水道水にはカルキ(残留塩素)が含まれており、沸騰させても多少ニオイがする場合があります。
一方、ウォーターサーバーにはカルキが含まれていません。
両者を比べた場合、当然美味しいのはウォーターサーバーの水ですよね?
安全かつ美味しいミルクや離乳食を作りたいのであればウォーターサーバーの利用をおすすめします。


ウォーターサーバーだとわざわざお湯を沸かす手間がない

ミルク作りに水道水をそのまま使用できないので、一度沸騰させる必要があります。
このお湯を沸かす作業が非常に面倒ですよね・・・。
育児をしながらだとこの些細な作業も大変ですし、
一日に何度もお湯を沸かさないといけないので電気代やガス代だってかかります。
しかし、ウォーターサーバーを設置するとこうした問題から解放されます。
知らない方もいるかもしれませんが、ウォーターサーバーには冷水機能以外に温水機能も基本的についています。
ミルクを作ろうと思ったらすぐにお湯を使えるので、わざわざお湯を沸かす必要はなく、
光熱費も節約できるのです。
育児ストレスを軽減する上でもウォーターサーバーは非常に有効だといえます。


ウォーターサーバーならどれでもいいは間違い!

ウォーターサーバーならどれを使ってもミルクや離乳食作りに利用できると思っている方は気をつけてください。
実は商品によって使用できないものもあります。
内臓機能が整っている大人であればどのウォーターサーバーでも大丈夫ですが、赤ちゃんはそうはいきません。
赤ちゃんや小さな子供の場合、内臓機能がまだ整っていないので、
ミネラル分の多い硬水を摂取すると内臓に負担をかけてしまいます。
そのため、硬水のウォーターサーバーは絶対に避けないといけません。
ミルク作りや離乳食作りに利用したいなら必ずミネラル分の少ない軟水のウォーターサーバーを選びましょう。
ちなみに日本の水道水は軟水です。


チャイルドロック機能があるウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーには温水機能も付いているため、赤ちゃんがレバーを触ってお湯を出し、
火傷をする危険があります。
こうした事態を防ぐためにもチャイルドロック機能があるウォーターサーバーを選んでください。
チャイルドロック機能があれば赤ちゃんが万が一ウォーターサーバーを触っても火傷をする危険がありません。
最近のウォーターサーバーには基本的に搭載されていますが、中にはついていないものもあるので、
導入する際は必ずチャイルドロック機能に注目しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴