ウォーターサーバーの豆知識

水分補給にはお茶よりもウォーターサーバーがおすすめ!

水分補給を水ではなく、お茶でしている方もたくさんいると思います。
お茶には味があるので美味しく飲むことができますし、
水には含まれていない成分を摂取できる利点もあります。
ただ、水とお茶を比べた場合、水分補給に適しているのは水です。
中でもウォーターサーバーの水は水分補給にとても適しています。
どうして水分補給にお茶よりもウォーターサーバーをおすすめするのか?
その理由を詳しく説明していきます。




ウォーターサーバーがお茶よりも水分補給に適している理由

お茶がウォーターサーバーに劣っている理由は、様々な成分が含まれているからです。
成分がたくさん入っていると水分の吸収を阻害していまいます。
つまり、飲んでも効率良く体内に吸収されないのです。
ウォーターサーバーにもミネラルは含まれていますが、
お茶と比べると不純物の量は明らかに少ないため、効率良く水分を吸収できます。


吸収率にこだわるならRO水のウォーターサーバーがおすすめ

最も効率良く水分補給ができるのは、不純物がまったくない純水です。
水道水を沸騰させれば純水に近い水を作ることができますが、いちいち作るのは面倒ですよね?
一方、ウォーターサーバーなら手軽に純水を摂取できます。

ウォーターサーバーの水は天然水とRO水の2種類に大きく分けられます。
天然水とRO水の違いはミネラルが入っているかどうです。
天然水にはミネラルが含まれていますが、徹底的に不純物を除去したRO水は、
ミネラルが含まれておらず、限りなく純水に近いといえます。
そのため、水分の吸収率でウォーターサーバーを選ぶならRO水の方が適しているといっていいでしょう。

ちなみにRO水は赤ちゃんのミルク作りにも使用できます。
赤ちゃんのミルク作りが大変・・・という方は、RO水のウォーターサーバーを設置するだけで
その手間から解放されます。


お茶を飲むデメリット

先ほどお茶は水と比べると吸収率が悪いというお話をしましたが、
その他にもデメリットがあるので紹介します。

お茶にはカフェインが含まれています。
適量であれば問題ありませんが、過剰にカフェインを摂取すると体に様々な悪影響を与えます。

カフェインを摂り過ぎると水分不足を引き起こす可能性があります。
カフェインには排尿を促す利尿作用があるため、飲みすぎるとトイレが近くなり、
必要以上の水分を排出してしまいます。
尿と一緒に色々な栄養素も排出されてしまうので、せっかく摂った栄養も無駄になります。

カフェインは覚醒作用があることでも知られています。
たくさん飲んでしまうとコーヒーと同じように脳を覚醒させてしまい、
寝つきが悪くなる可能性があります。
寝つきが悪い方は、カフェンが入ったお茶やコーヒーを避けた方がいいでしょう。

お茶やコーヒーを飲むとお腹が緩くなる方はいませんか?
カフェインには消化を促す働きがあるため、過剰に摂取するとその作用が強く出てしまい、
胃や腸に悪影響を及ぼす危険があります。
もともとお腹が強くない方は、カフェインが入っている飲み物を控えた方がいいかもしれません。

そして、カフェインと同様、注意したいのがカテキンの過剰摂取です。
カテキンとはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っています。
殺菌作用や免疫力アップ、高血圧の改善、血糖値上昇の抑制など色々な健康効果が期待できる
成分ですが、カテキンを過剰に摂取すると肝機能障害を引き起こす可能性があります。


水分補給には水を飲もう!

お茶は風味があり水よりも飲みやすいですが、水分補給代わりに大量に飲んでしまうと
体調を壊したり、場合によっては内臓機能を低下させる恐れがあります。
安全性や吸収のしやすさを考えるなら、やはりお茶よりも水がおすすめです。
特にウォーターサーバーのRO水は非常に純水に近いので、水分補給に適しています。
天然水よりも価格も安いので、この機会にぜひ検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴