ウォーターサーバーの嘘・本当

電気代が高いって本当?

「ウォーターサーバーは電気代が高いからちょっと・・・」
こうした理由で利用を躊躇している人は多いのではないでしょうか?
たしかに常にコンセントを差しておかないといけないので、電気だが気になるのは分かります。
電気代が高すぎると家計を圧迫してしまい、ウォーターサーバーどころではなくなってしまいます。
では、ウォーターサーバーは電気代がかかるという噂は本当なのでしょうか?

結論からいうとウォーターサーバーの電気代は、みなさんが想像しているよりも安いです。
管理人である私も調べてみるまでは、「けっこう高いんじゃないの?」と思っていましたが、
様々な業者のウォーターサーバーの電気代を調査したところ、月々1000円前後が相場でした。
1000円程度で使用できるならそれほど家計に与える影響は大きくないはずです。
ちなみに電気ポットを常に使用した場合、毎月の電気代はウォーターサーバーと同じ1000円前後かかります。
ウォーターサーバーであれば、冷水と温水の両方を使用できるので、
電気ポットに1000円をかけるよりもお得感がありますよね。

また、ウォーターサーバーを導入するとガス代の節約にも繋がります。
普通はお湯を沸かす際、ガスを使わないといけませんが、
ウォーターサーバーには温水機能も備わっているのでわざわざ沸かす必要がありません。
同じく水道の水を使用する機会も減るため、水道代も安くなるでしょう。
電気代は多少アップしますが、ガス代や水道水は今よりも安くなるので、
光熱費をトータルで考えるとお得になる可能性があります。

それでも月々1000円の電気代アップは気になる・・・という人もいるはずです。
毎月1000円アップすると年間で12000円多く光熱費を払うことになります。
しかし、この問題もしっかりと業者選びを行えば解決できるので安心してください。

毎月1000円というのはあくまでも相場です。
もっと電気代が安いウォーターサーバーをたくさんあるので、各業者を比較して安いところを見つけてください。
エコモード(省エネモード)を搭載しているタイプだと500円以下で利用することもできます。

たとえば、アクアクララの次世代型ウォーターサーバー「アクアアドバンス」には
ダブル省エネモードが搭載されており、大幅に電気代を抑えることが可能です。
使用状況によって異なりますが、上手く利用できれば350円程度しかかかりません。
従来のウォーターサーバーより700円くらい安いので、年間で8400円の節約になります。
そのため、管理人が電気代で選ぶならアクアクララのアクアアドバンスを選ぶでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴