ウォーターサーバーの嘘・本当

ウォーターサーバーで電気代を節約できるって本当?

「ウォーターサーバーを試したいけど電気代がね・・・」という方は多いと思います。
昔からウォーターサーバーには電気代が高いというイメージが強く、
これが原因で導入を躊躇している方もたくさんいるでしょう。
しかし、現在のウォーターサーバーは一昔前のものと比べると非常に電気代が安いです。
また、上手に使用すればトータルの電気代を節約できる可能性も秘めています。




ウォーターサーバーの電気代はピンからキリ

ウォーターサーバーの電気代はメーカーによって異なり、高いところものもあれば安いものもあります。
高いウォーターサーバーだと月々1000円から1200円ほどかかりますが、
安いウォーターサーバーだと400円から500円程度しかかかりません。
節電機能が付いたウォーターサーバーだと月々500円前後で利用できるので、それほど高くはないですよね?
電気代が気になるなら省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。


ウォーターサーバーで月々の電気代を節約できる!?

ウォーターサーバーを設置すると月々の電気代がアップすると思っている方が大半でしょう。
たしかに一見、トータルの電気代がアップするように感じますが、実は逆に安くなる場合もあります。
これはウォーターサーバーを利用することで、冷蔵庫やポットの電気代を節約できるからです。
ウォーターサーバーがあるとすぐに水を飲めるだけではなく、お湯だって使うことができます。
ペットボトルを冷蔵庫から取り出す際の電気代やポットでお湯を沸かす際の電気代が
ウォーターサーバーを設置するとかからなくなります。
そう考えるとかなりの確率で以前よりも月々の電気代は安くなるはずです。


ガス代の節約にも繋がる

ポットではなく、ガスでお湯を沸かしている方は、ガス代の節約にも繋がります。
ガスは少し使用するだけでもお金がかかるので、
それであればウォーターサーバーのお湯を使った方が安く済みます。
しかも、すぐにお湯を使用できるのでとても便利です。


ウォーターサーバーの電源は絶対に切ってはいけない!

節電というとこまめに家電の電源を切るイメージがありますよね?
テレビやお部屋の電気でとても有効な方法ですが、ウォーターサーバーでは絶対にやってはいけません。
ウォーターサーバーは冷蔵庫と同じく、電源を切ってはいけない家電です。
電源を切ると水の鮮度がどんどん落ちてしまい、菌が繁殖する危険があります。
安心安全がウォーターサーバーの売りなので、これでは意味がありません。
原則電源を切らない!これがウォーターサーバーの正しい使い方です。


ウォーターサーバーの電気代節約方法

ウォーターサーバーは電源を切ってはいけないものなので、節電ができないと思っている方もいますが、
そんなことはありません。
ちょっと工夫するだけで電気代を節約できます。

・エコモードで電気代節約
ウォーターサーバーの中にはエコモードや省エネモードが付いたものがあります。
長時間使用しない場合、こうした節電機能を利用することで電気代を抑えられます。
そのため、ウォーターサーバーを選ぶ際は節電機能もきちんと確認しましょう。

・温水機能をオフにする
こちらも節電機能と同じく、商品によって異なりますが、
温水機能のオン・オフができるウォーターサーバーを利用すれば節電が可能です。
温水機能はかなり電気代を消費するので、オフにできる機能があるものを選べば大幅な節約が望めます。
ものによっては70%程度安くなる場合もあります。

・設置場所に気をつける
温度変化が大きい場所ほど電気代がかかるので、できる限り温度変化が少ないところに設置しましょう。
具体的にいうと日光が当たる場所、1日中寒い場所はNGです。

・お手入れを定期的に行う
ホコリや汚れが溜まっていると電気代の消費が大きくなるといわれています。
少しでも電気代を抑えるためにも簡単でいいので定期的にメンテナンスを行いましょう。
また、お手入れ・メンテナンスは、水の品質を維持する上でも必要なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴