ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーはペットに悪影響?使用する際の注意点

ペットにも安全で美味しい水を飲ませたい!そう考える方は少なくないと思います。
ただ、ペットと人間では体の仕組みが違うので、
向いているウォーターサーバーと向いていないウォーターサーバーがあります。
人間にとって体にいいものでもペットには悪影響を与えるウォーターサーバーもあるので
注意しないといけません。
そこで、ペットに適したウォーターサーバーや
ペットにウォーターサーバーを飲ませる際の注意点についてお話したいと思います。




そもそも水道水でも問題なし!?

水道水をペットに与えるのが心配という方もいると思いますが、そんなことはありません。
日本の水道水の安全性は非常に高いので安心してください。
経済的に余裕がないのであれば、わざわざウォーターサーバーを利用しなくても水道水で十分です。
ウォーターサーバーにお金をかけるよりもペットフードにお金をかけた方が
飼われている犬や猫の健康維持に繋がると思います。

ただ、そうはいってもやはり水道水を信用できないという方もいるでしょう。
そうした方は、これから注意点をよく読んだ上でウォーターサーバーを利用してください。


必ず軟水のウォーターサーバーを選ぶ

犬や猫などのペットにウォーターサーバーを利用する際、必ず軟水のタイプを選びましょう。
ミネラル分の多い硬水を飲ませてしまうと尿路結石のリスクを高めてしまいます。
人間であれば硬水を飲んでも問題ないですが、動物には腎臓への負担が大きすぎ、
最悪の場合、命を落とす危険があります。
マグネシウムやカルシウムが豊富に入っている水の方が一見ペットにいいように感じますが、
逆効果になるので気をつけてください。
逆に軟水はミネラル分が少ないので、ペットに与えても問題ありません。

ちなみにミネラル分が多い水は天然水です。
美味しいことで有名ですが、ペットにとっては向かないので、
RO水のウォーターサーバーを選ぶといいでしょう


水の品質も重要

ペットは人間よりも体が小さいので、不純物の影響が大きいです。
不純物が多く含まれる水を飲み続けると健康に悪影響を与えて、
病気になりやすい体になってしまいます。
そのため、ウォーターサーバーを選ぶ際は不純物が少ないものを探してください。
この点からも不純物がほとんど入っていないRO水がおすすめです。


水の温度にも注意が必要

小動物に水を与える時は、水の温度にも気をつけないといけません。
冷たい水を飲ませるとお腹が冷えたり、消化器系のトラブルを起こす危険があります。
暑い日に冷たい水を飲ませたくなりますが、ペットのことを考えるなら常温の水を与えてください。
冷水と温水の両方の機能がついているウォーターサーバーの場合は、
冷水に少し温水を加えて温度を調整するといいでしょう。


ペットに飲ませるならRO水のウォーターサーバーが最適

天然水にはミネラルが豊富で美味しいというメリットがありますが、
ペットにはあまり向いていません。
ミネラル分が少ない天然水もありますが、ペットの健康を真剣に考えるならミネラル分が少なく、
不純物も徹底的に除去されたRO水がおすすめです。
また、RO水は天然水よりも安く飲めるので、経済的負担も少なく、続けやすいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴