ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーの飲み過ぎに要注意!

ウォーターサーバーは便秘や花粉症など様々な健康効果が期待できるので、
ついついたくさん飲んでしまいがちです。
ミネラル分が少ない軟水であればそれほど気にする必要はないのですが、
ミネラル豊富な硬水を飲む場合は、飲み過ぎに気をつけないといけません。
大量に摂取すると体の調子がおかしくなり、
不快な症状や恐ろしい病気を引き起こす危険があります。


ミネラル分を多く摂取した場合に起こる症状

ウォーターサーバーでミネラル分を過剰に摂取した場合、以下のような症状が起こりえます。

・下痢
天然水に含まれているマグネシウムはミネラル成分の一種です。
マグネシウムはお通じを良くする働きがあるため、
天然水を飲んでいると便秘が治ることがあります。
しかし、過剰に飲みすぎると効果が強く現れて、腹痛や下痢を引き起こします。
ウォーターサーバーを使い始めて下痢に悩まされるようになった場合は、
飲み過ぎが原因かもしれないので、少し抑えた方がいいでしょう。

・腎機能の低下
水分の摂り過ぎは腎機能の低下を引き起こします。
腎臓の機能が低下すると体内の老廃物や水分を上手く排出できなくなり、体がむくんでしまいます。
水は体のむくみを解消する働きがある一方で、
摂り過ぎると逆効果になる
というのを覚えておきましょう。

・冷え
暑い日などに水分をたくさん摂ると寒気がすることがありますよね?
これは水分の過剰摂取によって、体温が下がってしまうためです。
体温が下がると体全体の機能が低下するので、疲労も感じやすくなります。
また、代謝も悪くなってしまうので、ダイエットの妨げにもなるでしょう。

・尿路結石
ミネラル分の過剰摂取で一番怖いのが尿路結石です。
尿路結石とは腎臓や尿道に結石ができる病気のことで、その結石はほぼカルシウムからできています。
天然水のウォーターサーバーにもカルシウムは含まれているので、
過剰に飲んでしまうと尿路結石を引き起こす原因になるかもしれません。

尿路結石になると排尿の際に激しい痛みを感じたり、血尿が出てしまいます。
自然に石が出るのが一般的ですが、場合によっては手術を必要とすることもあります。
特に発症しやすいのは中年の男性だといわれているので、
40代や50代の男性は少し注意した方がいいでしょう。
ただし、あくまでも過剰に摂取した場合なので、適量なら大丈夫です。

・水中毒


尿路結石と同様、ウォーターサーバーの飲み過ぎで怖いのが水中毒という症状です。
腎臓が処理できるペースを超えて飲んでしまうと低ナトリウム血症が起こります。
低ナトリウム血症になると頭痛や吐き気といった症状を引き起こします。
場合によっては脳細胞を傷つけたり、けいれんを起こしたり、
重大な症状を引き起こす危険があります。
1日に何度も何度もトイレに行く時は、水中毒の疑いがあるので気をつけてください。


飲み過ぎが心配なら軟水のウォーターサーバーを選ぼう!

水は大きく硬水と軟水の2種類に分けることができます。
違いはミネラル分の量で、硬水はミネラル分を多く含んでおり、軟水はミネラル分が少ないです。
私たち日本人が慣れ親しんでいるのはミネラル分が少ない軟水なので、
初めて硬水を飲む方は違和感はあると思います。

ウォーターサーバーにも硬水と軟水の水があるので、
飲み過ぎが心配な方はリスクの少ない軟水を選ぶといいでしょう。

ただ、日本のウォーターサーバーは軟水が多いため、そこまで過度に不安になることはありません。
ウォーターサーバーよりもミネラルがたっぷりと配合されたミネラルウォーターを
よく飲まれる人の方が注意すべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴